最新の眼瞼下垂について

眼瞼下垂の手術をするとどれくらい腫れるか

漫画などでは、人が殴り合うとかなり腫れるように表現されることがあります。
本当にこれくらい腫れるのかですが、ボクシングの試合を見るとよくわかります。
目が細くなるほど腫れていることがあります。
擦り傷をしたくらいでは腫れることはありませんが、大きく切ったりすると、その部分が腫れます。
そのあと徐々に腫れはひいてきます。
眼瞼下垂の手術を受けた時にどれくらい腫れるかです。
まず、手術をした直後から腫れてきます。
メスで切りますから、その部分が腫れてきます。
腫れが大きい時は、手術前よりも下垂の程度が強くなるように見えることがあります。
これは手術による腫れなので、手術後日を追うごとに少しずつ引いてきます。
退院の目安の1週間後にはそれなりに引きます。
眼瞼下垂の手術後の腫れが完全に引くのは、1箇月ぐらいかかることになります。
会社などに行っている人は、少なからず腫れた部分を見られることになります。
これは仕方がありません。